当研究会について/スピリチュアルケア研究会


文字サイズの変更

 

 


 

 


 


前の画面に戻る


 

設立の趣旨

 

現代日本社会の高齢化の進展とともに、病院や高齢者福祉施設における患者や施設利用者の疾病、症状の重篤化が進む環境のもと、医療・福祉施設においては更なる援助スタッフの質の向上、技術の高度化が求められている。そのなかで、終末期医療の現場で患者や家族に対するケア、特に、終末期患者とその家族へのスピリチュアルケア(宗教に依らない心のケア)の必要性は高まる一方である。

 

また実際に、日本の臨床で多くの医療者がスピリチュアルケアの考え方と援助技術を学びたいと痛切に求めている現状を鑑み、われわれは終末期医療に従事する医療者のみならず、広く医療、福祉の現場で患者や家族のスピリチュアルケアを実践するスタッフの発掘、啓発、育成が急務であると考えて、代表をつとめる村田久行(京都ノートルダム女子大学教授)が、10数年の研究の成果としてまとめたスピリチュアルケアを含む対人援助の考え方と方法【村田理論】を医療、福祉や教育の分野に普及し、現場を支援し、協力することにより、対人援助専門職の技術水準の向上、次世代人材の育成を推進し、もって保健、医療又は福祉の増進、社会教育、人権の擁護又は平和の推進、子どもの健全育成等の公益の増進に寄与することを目指して、本研究会を発足するものである。

 

(2006年設立趣旨書より)


 

設立までの経過

 

代表をつとめる村田久行(京都ノートルダム女子大学教授)は、2003年笹川医学医療研究財団の助成を受け、「終末期がん患者へのスピリチュアルケア援助プロセスの研究」を行い、SP-CSS(スピリチュアルカンファレンスサマリーシート)を使った終末期のがん患者へのスピリチュアルケア援助プロセスを定式化しました。それにより、スピリチュアルケアを実践する医療スタッフ育成のための系統的な教育プログラム構築に扉を開いたのです。

 

その成果を踏まえて、2004年度には日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の助成を受けて、本会有志と共に「スピリチュアルケア援助プロセスのワークショップ」を全国3ヶ所で実施しました。このSP-CSSを使った5時間におよぶ講義と演習からなるワークショップでは、臨床でスピリチュアルケアに取り組もうとする医療従事者の熱意が充満し、村田理論によるスピリチュアルケアに対する医療現場の強い関心を実感しました。そこで、このスピリチュアルケアの考え方と技術を学びたいという参加者の熱意に応えて、2006年9月に村田理論に基づく特定非営利活動法人対人援助・スピリチュアルケア研究会は、発足しました。

 

主な事業

 

  1. 対人援助専門職への対人援助・スピリチュアルケア教育研修会
  2. 対人援助・スピリチュアルケアに関する出版事業
  3. 対人援助・スピリチュアルケアに関する研究事業
  4. 対人援助専門職への助言又は支援事業
  5. 医療、福祉施設の研修企画への協力事業
  6. 会報発行の事業-正会員を対象に1年に2~3回ニュースレターを発信しています

 

会員について

 

会員の内訳(人)2013年9月現在 地域別(人)
正会員 297 北海道 11
賛助会員 2 東北 12
職種別(人) 関東 100
医師 71 中部 28
看護師 134 近畿 77
その他の医療職 36 中国 14
福祉職 18 四国 2
傾聴ボランティア 15 九州 53
教職員 13 沖縄 0
その他 10 合計 297
合計 297

 

 

の画像 1


 

 


前の画面に戻る