対人援助研究所/スピリチュアルケア研究会


文字サイズの変更

 

 


 

 


 

対人援助研究所は、現代社会のさまざまな苦しみを和らげ、軽くし、なくする
援助の研究・開発、その研究に携わる研究者の育成をします。

 


前の画面に戻る


 

 

研究所の案内と受講生の募集案内は以下のリンクボタンよりご覧ください。

 

対人援助研究所 設立主旨/設立目的/規約 (215KB)

対人援助研究所のステータスとストーリー (130KB)

講義概要、講師紹介2019 (263KB)

 

2019年度シラバス前期 「対人援助特論」 (175KB)

2019年度シラバス後期 「スピリチュアルケア特論」 (206KB)

 

 

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。 ≪ダウンロードページ

 

 

 

【 2019年度 研究生による中間発表会 】

 

◆日時:2019年7月20日(土) 18:30~21:20

◆会場:京都北文化会館 第4会議室

◆参加費:会員、対人援助研究所科目等履修生;無料                   それ以外の方;3,000円

 

~研究生発表題目~

 

●上山 ゆりか

「研究史からみた認知症ケアの限界」

●長久 栄子

「せん妄患者とのコミュニケーションを阻害する要因の探求            ~看護師のせん妄ケア体験の現象学的解明~」

●的場康徳

「がん患者の終末期医療に関わる医師の自律性のスピリチュアルペインとバーンアウト:自律の喪失と自己達成感減退の構造」

●渡邉 篤尚

「新しいソーシャルワークアプローチ  ~対人援助論に基づくソーシャルワークアプローチは、困難事例の援助に有効か~」

●高木 智美

「高齢者の転倒体験の解明」

 

 


 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area