false/スピリチュアルケア研究会


文字サイズの変更

 

 



前の画面に戻る


 

特定非営利活動法人 対人援助・スピリチュアルケア研究会 


個人情報保護方針

 

 特定非営利活動法人対人援助・スピリチュアルケア研究会(以下「当法人」とします)は、個人情報を正しく扱うことが当法人の重要な責務であると認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めることを宣言します。



第1.個人情報保護に関する法令や規律の遵守

 当法人は、「個人情報の保護に関する法律」(平成15530日交付、平成29530日改正法施行)及び関連法令、並びに国の定めるガイドラインその他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

 

第2.個人情報の取得

 当法人が個人情報を取得する際には、利用目的とその利用範囲を明確化し、本人からの同意を得たうえで適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

 

第3.個人情報の利用

 当法人が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的(当該目的と合理的な関連性のある範囲内の利用を含む)の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

 

第4.個人情報の第三者提供

 当法人は、法令に定める場合など正当な理由のある場合をのぞき、取得した個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

 

第5.個人情報の管理

 当法人は、取得した個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどを防止するために、必要かつ適正な安全管理措置を講じます。

また、当法人は、法人の役員、講師および従業員が取得した個人情報を取り扱うに当っては、個人情報の安全管理が図られるように継続的な個人情報保護施策を実行するとともに、法人の役員、講師および従業員への適切な指導・監督を行います。

 

6.委託先の管理監督

 当法人は、個人データの取扱いの全部または一部を委託する場合、受託者に対し安全管理措置の遵守について必要かつ適切な監督を行います。

 

7.個人情報保護方針の改定・個人情報利用目的の変更

 当法人は、個人情報保護が効果的に実施されるよう、個人情報保護方針を改定することがあります。個人情報保護方針の改定については、当法人のホームページに掲載してお知らせします。

 また、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更は変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について本人に通知し、または公表します。

 

8.個人情報の開示、訂正、利用停止等

 当法人は、本人または代理人から個人情報の開示、訂正、利用停止等の申し出があった場合には、所定の方法に基づき対応致します。具体的な方法については、以下のお問合せ窓口で個別にご案内いたします。

 

9.個人情報に関するお問い合わせ

 ご提供いただいた個人情報の取扱いに関するご要望・お問い合わせは、以下の窓口で対応いたします

・特定非営利活動法人 対人援助・スピリチュアルケア研究会 事務局内

 「個人情報相談窓口」

 メールアドレス office@sp-c.org

 

 

 

令和2615

特定非営利活動法人対人援助・スピリチュアルケア研究会

 理事長 村田久行

 

 

 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area