対人援助・スピリチュアルケア研究会

  • 対人援助研究所
  • お問い合わせ

対人援助研究所

対人援助研究所のお知らせ

お知らせ一覧

対人援助研究所について

設立趣旨/設立目的/規約

<基本理念>
対人援助研究所は《援助とは、苦しみを和らげる、軽くする、なくすることである》という理念のもとに、現代社会のさまざまな苦しみの研究とその苦しみを和らげる、軽くする、なくする援助の研究・開発、その研究に携わる研究者の育成を目的とする。
現代日本には人間に生来の生老病死の苦しみに加えて、格差と疎外、孤立と孤独の苦しみに伴うスピリチュアルペイン(=無意味・無価値・空虚の苦しみ)が満ちあふれている。特にそれは医療・福祉・教育の分野で対人援助に携わる専門職の臨床現場に顕著である。治療の限界が死を告知する医療現場で、認知症と老々介護の疲弊に孤立と疎外と貧苦の苦しみが追い打ちをかける格差社会で、能力査定と競争に分断されて生きる力を失った教育現場の 児童、生徒、学生たちに、仕事に将来も生きる意味も見いだせない非正規雇用の人たちに、このスピリチュアルペインは濃厚である。この人々の苦しみは何か?なぜ、どのようにしてその苦しみは生み出されるのか?そしてそれはどのように援助されるべきか?ここに対人援助研究の核心がある。
しかし現代日本の対人援助の現場には、業務の思想とキュア(治療)の概念が蔓延し、そのため患者、家族、利用者の苦しみ、その苦しみを和らげる、軽くする、なくする援助が実践できない援助職の苦しみがますます深まる状況が続いている。この深刻な状況を解明 し、臨床現場に対人援助・スピリチュアルケアを実現する研究が求められている。それに  呼応して現場の援助職自らが対人援助やスピリチュアルケアの研究を行おうとする動きも 見受けられる。そこで特定非営利活動法人対人援助・スピリチュアルケア研究会はその設 立趣旨にもとづき、対人援助・スピリチュアルケア研究を企画し支援するとともに、この研究に従事する研究者育成を目的とする対人援助研究所を設置することにしたのである。

<基本姿勢>
現場で援助を実践できない人が研究に走ることは許されない。現場で援助できる人こそ が対人援助を研究するべきである。現場の人が、現場に立脚し、現場に役立つことしか研究しない。これが対人援助研究所の基本姿勢である。われわれは実践と研究の乖離は許されないと考えている。

<基本手法と研究者の育成>
対人援助研究所の研究と教育は、現場の援助者自身が‘援助’をキーワードとして自己の行為を意味づけ、言語化することが基本となる。これは援助になっているか?何が援助なのか?なぜ、どのように援助するのか?これらの問いに臨床現場で使える方法で応えることが研究のすべてに求められる。それゆえ、対話により自己と他者のすべての行為を意味づけ、言語化する訓練が対人援助・スピリチュアルケア研究に従事する研究者を育成する教育手法となる。

<規 約>
対人援助研究所規約

ステータスとストーリー

ステータスとストーリー

講師紹介
村田 久行むらた ひさゆき
京都府生まれ 1985年
神戸大学大学院文化学研究科博士課程単位取得退学 東海大学健康科学部、京都ノートルダム女子大学教授を経て 現 在 NPO法人対人援助・スピリチュアルケア研究会 理事、対人援助研究所講師 京都ノートルダム女子大学名誉教授、傾聴ボランティア団体「日本傾聴塾」副会長 専 攻 対人援助論、スピリチュアルケア研究、福祉原理、哲学 著 書 『改訂増補 ケアの思想と対人援助』川島書店、『援助者の援助』川島書店 『現象学看護-せん妄』日本評論社(編著) 『記述現象学を学ぶ』川島書店(編著) 論 文 「終末期がん患者のスピリチュアルペインとそのケア」:緩和医療学 「臨床に活かすスピリチュアルケアの実際1~7」:ターミナルケア 「終末期がん患者へのスピリチュアルケア援助プロセスの研究」:臨床看護 「痛みとスピリチュアルケア」:ペインクリニック 「ソーシャルワークの人間観~実存の視点~」:ソーシャルワーク研究 Spiritual pain and its care in patients with terminal cancer: Construction of a conceptual framework by philosophical approach. Palliative Support Care 2003; 1(1): 15-21. Conceptualization of psycho-existential suffering by the Japanese Task Force: the first step of a nationwide project. Palliative Support Care. 2006 Sep;4(3):279-85. Meaninglessness in terminally ill cancer patients: a randomized controlled study. Morita T, Murata H, et.al. ; Japanese Spiritual Care Task Force. J Pain Symptom Manage. 2009 Apr;37(4):649-58. 他 多数
浅川 達人あさかわ たつと
長野県生まれ 1996年
東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得修了・博士(社会学) 東海大学健康科学部助教授、放送大学助教授を経て 現 在 早稲田大学人間科学学術院 教授,NPO法人対人援助・スピリチュアルケア研究会理事、対 人援助研究所講師 専 攻 都市社会学、社会調査、 著 書 『格差社会と都市空間 東京圏の社会地図1990−2010』(編著) 『新編東京圏の社会地図 1975-90』東京大学出版会(編著) 『ひとりで学べる社会統計学』ミネルヴァ書房 『21世紀社会とは何か:「現代社会学」入門』恒星社厚生閣(共著) 論 文 「東京圏の構造変容―変化の方向とその論理―」:日本都市社会学会年報 「食料品充足率を加味したアクセス測定指標による食品摂取多様性の分析−高齢者の健康的な 食生活維持に対する阻害要因のマルチレベル分析」:フードシステム研究, 「社会地区分析再考:KS法クラスター分析による二大都市圏の構造比較」:社会学評論 「生きる意味を回復するために−対人援助を社会学的に読み解く−」:明治学院大学社会学・ 社会福祉学研究 「特集 フードデザート(食の砂漠)問題:大都市部での調査事例」:エストレーラ 他 多数

講 義

対人援助特論
スピリチュアルケア特論
記述現象学A
記述現象学研修B-2021(オンライン)
質問紙調査法研修会A・B
調査研究法相談

研究指導・研究報告

研究指導(年8回以上)
 研究生になると研究指導講師から直接研究と論文作成の指導を受けられる。指導は2か月に1回の 集団指導会と夏季休暇期間に研究生中間発表会、冬期休暇期間に研究生期末発表会で各研究生は発表 と質疑応答を通じて指導を受ける。またこれ以外に個別に面談を設定して指導を受けられる。個別指 導(1回1~1.5時間)の上限は年4回までとする。
対人援助研究所の研究と教育の基本は、現場の援助者自身が“援助”をキーワードとして自己の行 為を意味づけ、言語化することにある。したがって研究指導もこの基本方針に則り、場の援助者の 行為を意味づけ言語化し、研究成果を論文化するように指導する。それに加えて、その研究成果をどのように現場に還元していくかについても議論し、検証を行う。

集中講義(年2回程度)
 先の研究者を育む3科目とは別に集中講義が開催される。我々は、自分の知っていること以外を“知らないまま”に生活を営んでいる。したがって、自分の 知っていることがどこまでであり、知らないことがどこに広がっているかを知ることが肝要である。そのために、研究所以外の場に身を置きながら、そこで営まれている行為の意味を講師とともに考え、言語化していく、Fieldworkが必要となる。それを実践するのが集中講義の場である。

対人援助研究生による研究報告
(準備中)

 

校友会

 2020年2月、対人援助研究所対人援助特論修了者の皆様による<校友会>が発足しました。校友会は、対人援助・スピリチュアルケア研究に関わる研究者を育成するプラットフォームの形成を目的としています。

開催:年2回<2/11(祝)・8/11(祝)> Zoomによるオンライン開催
目的と内容:対人援助・スピリチュアルケア研究に関する研究のアイデアや情報の交換
参加対象者:対人援助研究所の「対人援助特論」修了者と対人援助研究所講師
参加条件:参加者は、「研究のアイデア・メモ/レポート(仮称)」提出して参加する。
ディスカッションの内容は、対人援助・スピリチュアルケア研究についての現場の情報交換、文献と書籍の紹介など

TOP